日本のiPadは実は海外ではSIMフリー端末として使える!?

海外ノマド倶楽部メンバーのMさんから、

『日本のiPadは、海外ではSIMフリー端末として使える』

という情報が入りました。

確かに、以前香港に来られていた仲間の日本で買ったiPadで、
香港のSIMカードが使えていたので不思議に思っていたのですが、
こういうことだったのかもしれません。

そこで早速ネットで情報収集。

こういった情報がありました。
http://bit.ly/HID6bq

ふむふむ。

まんざらでも無さそう。

そして、直接アップルさんに直撃してしまえ!
ということで、アップルストア銀座店に電話をして確認。

アップルさんの回答としては、

『日本国内で販売されているiPadは、アクティベーションの際に、
 日本国内ではSIMロックがかかります。
 しかし海外で現地のSIMカードを使う分には大丈夫です。』

とのこと。。

iPhoneは、日本で買ったものは海外でもやはり海外のSIMカードは使えません。

つまり『フルSIMロック状態』。

一方iPadは、日本ではSIMロックがかかっているけど、
海外ではSIMロックがかかっていないという、

『ハーフSIMロック状態』。

しかもiPadでも『インターネット共有』機能は使えるので、
日本で買ったiPadを海外に持って行き、
現地のSIMカードを挿せば、
ポケットWiFi代わりになり、
パソコンもネットに繋ぐことができるのです!

これは、おそらくアップルさんが各携帯キャリアに働きかけて、
このような形になったのでしょうね。
各携帯キャリアとしては、本来は海外でもSIMロックをかけて、
『ローミング代』で稼ぎたいところでしょうからね。。

もちろん、最近発売された『iPad Air』も、
海外でSIMフリー端末として使えるようです!

さすがはアップルさん!

この記事が気に入りましたか?

この記事が気に入ったら、以下のボタンを押しておいて頂けると後からまとめ読みができます。

Favorited

Pin It on Pinterest

Shares