情報発信者になると、自分に良い情報が集まってくる理由とは?

本日の場所:プラーラン/メルボルン

今からもう約20年も前になるが、
1995年にWindows95が
世界中で発売されてから、
インターネットが利用されるようになり、
『情報化社会』が到来した。

今私達が生きている社会は、
既に情報化社会となっている、
つまり情報があることが
当たり前になっているので、
『情報化社会』という言葉も
使われなくなりつつある。

私達のまわりに当たり前のように
存在する水や空気。

これと同じように、
『情報』も存在している。

美味しい水、
美味しくない水があるのと
同じように、情報にも
良い情報と悪い情報がある。

また、良い情報かどうかは、
人によって違う場合もある。

そしてその情報の絶対量は、
日に日に増えていっている。

物と違って情報そのものには、
原材料がかからない。

私達の脳の中にあるものを
そのままアウトプットするだけで、
世の中に発信することができる。

あまりにも情報量が増えているので、
情報を取捨選択することが
困難になってきている。

このような情報の海の中で、
『情報難民』という言葉も生まれた。

情報が溢れすぎていて、
うんざりしている人も少なくないだろう。

このような時代において、

自分に必要な情報を必要なだけ
取得することができたら、
情報についてのストレスはかなり
軽減されるのではないだろうか?

では、自分に本当に必要な情報が、
勝手に自分に集まるようになったら、
どんなに素晴らしいことでしょうか?

男はその方法を知っている。

それが、『自ら情報を発信すること』なのだ。

情報発信者になると、自分に良い情報が集まってくる

自ら情報を発信するようになると、
自分に情報が集まってくるようになる。

しかも、良い情報が集まってくるようになる。
それはどういうことなのかについて、
以下に説明しよう。

ステップ1)情報に責任を持つようになる

自ら情報を発信するからには、
発信する情報に責任を持つようになる。

不確かな情報を発信してしまうと、
それが間違っていた時に
問題になる可能性があるからだ。

必要に応じてインターネット上で
情報を調べながら、
発信する記事を書いていくことになる。

現に男も、この記事を書くために
『情報難民』というキーワードをネットで調べた。

この言葉をGoogleで検索して1番に
ヒットしたのが「コトバンク」というサイトで、
ここの説明によると、

情報難民・・・
マスメディアに対して批判的で、
インターネット上の情報は無批判に受け入れてしまう、
情報リテラシーの低い人。
マスメディアの言説を拒絶することで
自分に批評力があると思い込み、
インターネット上に流れる情報、
特にマスメディアの言説に対して
否定的な情報については、
その信憑性を吟味することなく
受け入れてしまう。
神戸女学院大学名誉教授内田樹の造語。

となっていた。

こういった作業を繰り返すことにより、
まず自分自身が、
その分野について詳しくなっていく。

ステップ2)他者が情報を提供してくれるようになる

ステップ1の工程を根気良く繰り返しながら、
仮に間違った情報や見解を
発信してしまった場合に、
誰かが『これ、間違っていますよ』
指摘をくれたり、参考情報や
関連情報を提供してくれたりする。

主観に基づく批判はさておき、
こういった情報がもらえるようになると、
自分の情報の精度がどんどん高まっていく。

ステップ3)情報発信者として認知されるようになる

ステップ1とステップ2の工程を
根気良く繰り返していると、
周囲から、『◯◯の◯◯さん』
という形で、認知されるようになっていく。

例えば男の場合は、
以前は

  • Macの平城さん
  • 海外ノマドの平城さん

のような形で認知されていた。

ステップ4)コミュニティーで加速する

ある程度のタイミングになったら、
自分が発信するテーマについての
コミュニティーを構築する。

構築といっても、
Facebookを使えば誰でも
その日から簡単に作ることができる。

コミュニティーを構築すると、
参加者同士がそのテーマについての
情報を交換し始めまる。

そこでやりとりされる情報が、
運営者にとっても参考になる。

このような流れで、
情報は発信者のところに
集まってくるようになり、
自分自身に情報が集まって
くるようになると、

情報を取捨選択する能力が洗練され、
『情報の海』に惑わされなくなる。

一度この流れが出来てしまえば、
そこからビジネスを創ったり、
一緒に活動していく仲間を
見つけたりすることができる。

情報発信者になるだけで、
様々なメリットが生まれるのだ。

あなたは情報の受け手だけで甘んじるのか、情報発信者として生きていくのか?

世の中には情報発信者になるか、
情報の受け手になるのかの、
どちらかしかない。

ただ単に情報の受け手として、
情報の海にのまれて生きていくのか、
それとも情報発信者となって、
情報を制する側になるのか?

それはあなた次第だが、
男自身は、情報発信者の側に
回れて本当に良かったと思っている。

今回の写真の場所はこちら

プラーラン/メルボルン

プラーラン(Prahran)は、スタイリッシュなバー、東南アジア料理店、深夜まで営業しているナイトクラブで有名なエリア。ビンテージものの衣類や家具を扱う屋台が並ぶチャペル ストリート バザールには、掘り出し物目当ての人たちが集まる。

この記事が気に入りましたか?

この記事が気に入ったら、以下のボタンを押しておいて頂けると後からまとめ読みができます。

Favorited

関連商品はこちら

本テーマについて詳しく学びたい場合は、以下のコンテンツをオススメします。
, , 情報起業つまづきポイントQ&A

Pin It on Pinterest

Shares